ワクチンのはなし

ワクチンって”袖い鰺祝匹垢詭堯 病気をなおす薬?正解は,任

ワクチンとは、病気の原因となる微生物(目に見えない小さな生物)の病原性をなくしたり、弱くしたもの、毒素を無毒化したものです。
このワクチンを注射や飲み薬でからだに入れて抗体という抵抗力をつけさせることを予防接種といいます。
現在、麻しん(はしか)、風疹、破傷風、百日咳、ジフテリア、結核、ポリオ、日本脳炎の予防接種が推奨されています

また、ワクチンの中には一回受ければ10年以上効果の続くものと何回か受けてやっと効果の出るものがあり、一番効率よく抗体ができるように主に幼児期にスケジュールが組まれています。

これとは別にインフルエンザの予防接種は受けてから約5ヶ月しか効果が続きません

その上、インフルエンザはいろいろな型があり、型の違う予防接種では効果がありません

そのため、季節性インフルエンザの予防接種はその年に流行ると予想される種類の型のものを毎年受ける必要があるのです。
その他、最近では肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチンも話題になっています

接種のとりこぼしがないか予防接種手帳を今一度みてください。
予防接種に関するご相談は、かかりつけ医か保健所へどうぞ。